【ゾンビで活躍】ネコボクサーの評価と有効な使い道【にゃんこ大戦争】

※2019/10/24に更新

ネコボクサー

「ネコボクサー」っていうキャラが「レアガチャ」から当たったけど使えるの?
有用な使い方があれば教えて欲しいです。

今回の記事はこういった疑問に答えます。

ガチャを引いていると時々当たることがある「ネコボクサー」

「ゾンビ」の敵をふっとばすことが出来るのが特徴ですが果たしてこのキャラの性能はいかなるものなのでしょうか。

せっかく当たったキャラだから使えるのかどうか気になりますよね。

そこで今回はこの「ネコボクサー」について筆者が使用感を確かめてみましたので個人的な評価と有効な使い方をご紹介していきたいと思います。

当記事を読んでもらえれば以下の事が得られますので性能が気になる方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。

・「ネコボクサー」の性能が詳しく理解可能。

・どの場面で使えばいいのかが分かる

スポンサーリンク

ネコボクサーの評価

ネコボクサーの評価

「ネコボクサー」の評価を下記に記載します。

長所

「ネコボクサー」の長所について解説します。

ゾンビをふっとばせる

「ネコボクサー」「16%の確率でゾンビをふっとばす」特性を所持しています。

一見するとかなり低い特性発動率ですが、3連続で敵を攻撃してくれますので数値以上に敵をふっとばしてくれるでしょう!

ryo
ryo
攻撃1発毎にそれぞれ判定があります。

生産コストが低い

生産コストが540と手頃な価格なので気兼ねなく生産していく事が可能です。

他の低コストキャラと合わせてなるべく早めに量産していきたいです。

射程が優秀

射程が250に設定されており、大半の「ゾンビ」にリーチで勝っています。

このおかげで場持ちがしやすくなっていますので生存力はなかなか高め。

短所

「ネコボクサー」の短所について解説します。

攻撃範囲が単体

「範囲攻撃」が出来ないネコとなっていますので狙いの敵をなかなかふっとばしにくいです。

そのため敵の数が多いステージだと上手く活躍できない事も。

生産速度が遅い

1度生産したら次に生産できる時間が約10秒後になるので数を増やすには時間がかかってしまいます。

それまでは壁キャラで戦線を維持してなければいけないので量産させようとすると壁役の数にも気を配る必要が出てくるでしょう。

ゾンビ以外に出番がほぼない

役割対象が「ゾンビ」のみとなっているのでそれ以外の敵には基本役にたちません。

汎用性を上げるためにも「にゃんコンボ」のパーツとして組みたいですが、数が1種類しかなく、しかもパーツが合計で4体も必要になるのであまり現実的ではないです。

ゾンビキラーがいまいち発動しにくい

「ネコボクサー」のもうひとつの特性として「倒した時にゾンビの蘇生無効」があります。

これは通常倒しても一定時間立つと復活する事を未然に防いでくれる便利なものですが「ネコボクサー」は攻撃力が低いのでとどめを刺しづらく、いまいちこの特性を使いこなすことが出来ません。

「ゾンビワン」「にょろろん」であればまだ可能性はありますが中ボス以上の敵にはまず効果を発動出来ないと思っていた方が良いでしょう。

↓の数字から任意のページへ飛びます!