【初心者でも迷わず配分可】入手した経験値の効率的な使い方【にゃんこ大戦争】

「経験値を稼いだけどどのキャラに振り分けるか迷う。始めたばかりでどのキャラが将来強くなるとかよく分からない。どういったネコに優先的に振ればいいのか大体でいいから知りたいな。」

今回の記事はこういった疑問に答えます。

ネコたちを強化する上で必ず必要となってくる経験値。

すぐに振り分けて急いで戦力を充実させていきたい所ですが、この「にゃんこ大戦争」には膨大な数のキャラが存在しているため、どのネコに経験値を与えていけばいいのかイマイチ分かりにくい側面があります。

そのため初心者などのゲームを始めたばかりの方にとってどのネコを育てていけばいいのかどうか分からない方もいるのではないでしょうか。

ゲームの仕組みが分かっていないのでどんなキャラを優先的に育てていけばいいのか知りたいですよね。

そこで今回は筆者が感じる効率的な経験値の使い方をこの記事にまとめてみましたので順番にご紹介していきたいと思います。

当記事を読んでもらえれば以下の事が得られます。

・大体のネコの育成順位を理解できる

・経験値を無駄なく効率的に振れる

経験値の振り方について悩んでいる方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。

スポンサーリンク

効率的な経験値の使い方

筆者が感じる効率的な経験値の振り方を下記からご紹介していきます。

重要なパワーアップ項目を優先的に上げる

「にゃんこ大戦争」のゲームを始めたらまずはキャラではなく、下記のパワーアップ項目をメインに上げていく事をオススメします。

基本的にパワーアップ項目は全て上げておきたい所ですが、下記の項目は戦闘をする上で欠かせない重要な要素となっていますのでMAXになるまでは優先的に上げていきたいです。

働きネコ仕事効率

敵を倒さなくても自動的にお金が貯まっていく項目。

パワーアップしていくとだんだんお金が貯まるスピードが速くなっていきますので低コストキャラで壁をはるためにも必ず強化する必要が出てきます。

後半になればなるほど、敵の攻撃が激しいステージが増えてきますので最優先でレベルを上げていくようにしましょう。

働きネコお財布

パワーアップさせるとお金の上限量を上げていく事が出来ます。

先述した「働きネコ仕事効率」でお金を増やしても上限が低ければせっかくの生産性も微妙な感じに。

お財布の上限が低いと「超激レアキャラ」等の強力なネコが生産する事もままならないのでこの項目も優先して上げていきたい所です。

研究力

キャラ達の再生産する速度を上げていきます。

レベルをMAXまで上げれば最短2秒で壁キャラを生産していく事が可能ですのでこの項目も優先度は高め。

とはいえ生産可能になってもお金が貯まらないと意味がないので上記2つの項目を先に上げていった方が良いでしょう。

会計力

パワーアップさせれば敵を倒した時に貰えるお金が増えます。

特に中ボスクラスの敵を倒すと一瞬でお財布がMAXになることもありますのでこの項目も生産性を上げるために上げておきたいです。

統率力

戦闘をする毎に消費する「統率力」の上限を上げます。

これがなければそもそも戦闘を行うことも出来ないので余裕があればこの項目も上げてしまいたい所。

ryo
ryo
最近は「リーダーシップ」という「統率力」を回復させるアイテムが出てきましたのでどうしてもクリアしたいステージがあったらそれを使うと良いです。

アタッカーに振り分ける

先述したパワーアップ項目のレベルを上げ、戦力の基盤を構築した所でいよいよネコ達をメインに経験値を振り分けていきます。

「にゃんこ大戦争」のゲームは基本的に以下のような感じで経験値を振り分けると良いと感じます。

アタッカー>壁キャラ>妨害キャラ

このゲームは守りに入ると基本的に後手に回りやすいのでアタッカーを優先的に育成して速めにボスなどの強敵を倒せるようにした方がよいです。

特に育成した方が良いキャラを下記で詳細にまとめましたので紹介していきます。

射程の長いキャラ

アタッカーをするにおいて射程の長いキャラはそれだけで有利です。

壁キャラを展開していればそれだけ安全に攻撃していけますので編成に加えておけば難易度がグッと下がります。

ryo
ryo
最低でも300、400以上あればなおよしといった感じですね。

さらに「範囲攻撃」持ちであれば文句なし。複数の敵をまとめて片づけられますので処理効率がさらに高まります。

アタッカーに限らず、壁を務めるキャラ以外は射程が長いに越したことはありませんので一つの目安として覚えておきましょう。(一部例外は除く)

■おすすめのキャラ

・ネコトカゲ

・ネコムート

・ウルフとウルルン

・銀河戦士コスモetc

超ダメージ持ちのキャラ

特性に「超ダメージ」が付与されているキャラは対象の敵に元の攻撃力の3~4倍ほどのダメージを与えていきます。(倍率は「お宝」の取得率によって変化)

レベルを上げて攻撃力を上げていけば対象の敵に与えるダメージはさらに増えていきますので敵を倒す効率が格段に上がります。

難易度の高いステージも対象の「超ダメージ」持ちがいれば簡単にクリア出来ることもザラですので入手出来たらすぐに経験値を分け与えていきましょう。

ただし、いくら「超ダメージ」の特性があっても先述した射程が短ければそもそも攻撃をする機会が激減しますのでそういったキャラには先に経験値を与えない方が無難です。

ryo
ryo
射程が低くても移動速度が速いキャラは奇襲として使えますので使い捨ての間隔で運用していくのはアリだと思います。

■おすすめのキャラ

・かさじぞう

・美女神アフロディーテ

・真田幸村etc

スポンサーリンク

次点で壁キャラに経験値を注ぐ

アタッカーに経験値を注いで余ってしまった場合は壁キャラに経験値を振り分けると良いです。

以下の要素を満たしている壁キャラに経験値を分配していくと良いでしょう。

・「めっぽう強い」や「打たれ強い」特性を持っている。

・体力が高く、KB数が1に設定されている

打たれ強い特性を持つキャラ

「打たれ強い」特性を持っているキャラは被ダメージを1/4~1/5に軽減します。(変動率は該当する「お宝」の所持量で変化)

この特性のおかげで場持ちが良くなりますが元の体力が低いと微妙なため、経験値を注ぐ際はコストに見合った体力を持っているかを見極める必要があります。

多いキャラは10万以上は設定されている事もありますのでDBで確認してから経験値を注いでいくかどうかを決める事をオススメ。

逆に体力が低くても生産性が高ければ数で補うことも出来ますのでそういった趣のあるキャラも優先的に経験値を回してしまっても良いでしょう。

■おすすめのキャラ

・ねこロッカー

・チビガウガウ

・竜宮獣ガメレオン

・ねこタツetc

KB数が1のキャラ

KB(ノックバック)数が少なければ少ないほどばに留まってくれますので敵の攻撃を食い止めやすいです。

極端な話、KB数が1であれば倒れるまでその場に居続けますのでレベルを上げれば時間稼ぎをしやすくなります。

そういったキャラもレベルを上げる優先度は高めても良いでしょう。

ただ、この点だけだと強みになりにくいので生産性の高さや先述した「打たれ強い」等の+αは欲しい所です。

■おすすめのキャラ

・タンクネコ

・狂乱のタンクネコetc

妨害キャラの優先度は低め

「~の動きを止める」「~をふっとばす」など敵キャラの動きを制限するのがメインとなるネコ達は強化を後回しにしてしまっても良いでしょう。

レベルを上げて上昇する能力は体力と攻撃力のみとなりますのでこれらのステータスを必要としない妨害キャラは育成を後回しにして他のキャラに経験値を割く事をオススメします。

ただし例外として第三形態に進化した時に射程や特性自体が改善され、一気に使いやすくなるキャラも存在しますのでそういったネコ達は優先的に育成してしまうのもアリだと思います。

■おすすめのキャラ

・ネコリンゴ(第三形態で「範囲攻撃」取得と特性発動率が100%に)

・織田信長(第三形態で特性追加と効果時間が延長)

・バララガ(進化すると長射程から殆どの敵を止められる)etc

 
CHECK

統率力を回復中にこんなゲームはいかがでしょうか?

ロードモバイル

守護騎士、ハンター、森の妖精、忍者、兵士、詐欺師などキミに仕える個性的なヒーローたちは、普通の兵士と比較にならないほど、王国の発展に寄与してくれる。RPGモードの旅に出て、新たなヒーローを迎え、育てて世界にひとつだけのパーティを編成しよう。

初心者からヘビーゲーマーまで全ての人が楽しめる!

経験値の使い方まとめ

経験値を手に入れた場合の振り分け順位をご紹介していきました。

基本的には上記の基準と各サイトのおすすめキャラ記事を読んでいけば外す事はほぼないかと思います。

せっかく手に入れた経験値を無駄にしないように効率的に使っていくようにしましょう。

以上です。

 
CHECK
統率力を回復中にこんなゲームはいかがでしょうか?

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」

世界の半分を貰うために再び魔王に会いに行こう!! 魔王城の最上階に魔王はいるはずだ。話を聞きに行くには登るしかない!

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」
魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」
開発元:Cybergate technology Ltd.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする