【火力高めの妨害キャラ】ネコ番長の評価と有効な使い道【にゃんこ大戦争】

※2019/12/25に更新

ネコ番長

「レアガチャ」を引いていたら「ネコ番長」っていうキャラが出てきたけどこれって使えるの?
使うとしたらどんな場面で使ったらいいの?

今回の記事はこういった疑問に答えます。

ガチャを引いていると「激レアキャラ」として当たる事がある「ネコ番長」

「浮いてる敵」を止められることがありますが果たしてこのキャラの性能はいかほどのものなのでしょうか。

せっかく当たったキャラなのでどんな性能をしているのか気になりますよね。

そこで今回は筆者がこの「ネコ番長」について使ってみましたので個人的な評価と有効な使い道について詳細にご紹介していきたいと思います。

当記事を読んでもらえれば以下の事が得られますので性能が気になる方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。

・「ネコ番長」の性能が分かる

・どういった場面で使えばいいのかが分かる

スポンサーリンク

ネコ番長の評価

ネコ番長の評価

「ネコ番長」の評価を下記に記載します。

長所

「ネコ番長」の長所について解説します。

特性が優秀

「ネコ番長」の特性が「浮いてる敵を16%の確率で止める」となっていますのでそれらの相手に出していけば妨害していく事が可能です。

一見16%の確率は低めなように感じますが、3連続で攻撃してくれますので確率はこれよりも実質高くなります。(1発毎に判定あり)

範囲攻撃なのでフォローが必要ない

「範囲」攻撃に設定されていますので他の「範囲」攻撃キャラを用意して掃除してもらう必要がありません。

そのリソースを他のキャラに回せますので戦略が立てやすいと言えるでしょう。

ryo
ryo
もちろん他の「範囲」攻撃持ちを同時に生産しても良いです。

地味に攻撃力も高い

妨害キャラにしては攻撃力が高く、レベルを30まで上げると1万は余裕で超えます。

射程が低いので汎用性はあまりありませんが、ステージによっては妨害ついでにアタッカーとして使用するのもありかもしれません。

短所

「ネコ番長」の短所について解説します。

射程が低い

「ネコ番長」を一番使いづらくしている要因と言えるでしょう。

冒頭でも記載したように「浮いてる敵」には射程の長い敵がかなりの数いますので射程負けしてしまいやすいこの環境ではどうしても埋もれてしまいがちなキャラになってしまいます。

射程勝ち出来る敵が少ないので出撃させるステージはよく吟味しましょう。

コストが地味に高い

価格が1500円と設定されていますので妨害キャラとしては高額な部類となります。

手軽に出せる金額ではないので大半は働きネコのレベルを出来るだけ上げて他ネコの生産の支障にならないよう努める事が必要になるでしょう。

生産の時間が遅い

一度生産したら次に生産出来るのが約50秒ごとなりますので複数揃えるには時間がかかってしまいます。

ryo
ryo
第三形態になると多少改善されます。

そのため場に出してからすぐにやられないように壁キャラを厚くしておくことが他のネコ以上に重要となるでしょう。

総評

良くも悪くも中途半端なキャラであるように感じます。

火力も妨害キャラにしては高めですが他のアタッカーを採用すれば良いし、妨害に関しても生産性が低いので他の量産型に頼った方が使いやすいです。

そして何より射程の低さが問題であり、250という数値だと「浮いてる敵」全般に有利を取りづらいのでこのキャラが余計に使いにくく感じます。

本格的に使うなら「古代種」にも役割が持てるようになる第三形態へ進化させた方が良いです。

 
CHECK

統率力を回復中にこんなゲームはいかがでしょうか?

ロードモバイル

守護騎士、ハンター、森の妖精、忍者、兵士、詐欺師などキミに仕える個性的なヒーローたちは、普通の兵士と比較にならないほど、王国の発展に寄与してくれる。RPGモードの旅に出て、新たなヒーローを迎え、育てて世界にひとつだけのパーティを編成しよう。

初心者からヘビーゲーマーまで全ての人が楽しめる!

有効的な使い方

運用していくにあたって適切と感じる使い方をご紹介します。

射程の短い浮いてる敵を妨害していく

射程の短い浮いてる敵を妨害していく

その特性上、「浮いてる敵」を妨害していくのが役割になるのでそれらが出てくるステージで採用していきしょう。

具体的にいうと「ぶんぶん先生」「サイクロン」等の敵に対して生産していきます。

「ぶんぶん先生」系の敵は前に進む力が強いので出来れば壁は5体ほどは欲しい所です。

妨害能力をさらに安定させたい場合は「ネコシャーマン」「ネコヴァルキリー・聖」等も連れていくとより敵の動きを止められます。

主な使用機会

ぶつける敵:射程の短い「浮いてる敵」

使用ステージ:「浮いてる敵」が出現するステージで活躍。(「日本編」第三章「西表島」や防風ステージ等。)

ステータス

ネコ番長のステータス

参考までに「ネコ番長」の基本ステータスをご紹介します。(Lv30時。限界突破の補正無し)

※にゃんこ大戦争DB様より以下のページを引用

No.032 ネコ番長 怒りのネコ番長 押忍!ネコ番長

体力17,000(20,400)
攻撃力7,395(13,005)
DPS2,287(3,863)
範囲範囲
KB3
移動速度8
射程250
生産コスト1500
攻撃頻度3.23秒
生産速度48.87秒

※括弧内は第二段階時のステータスです。

相性の良いネコ

同時に出撃すると効果的なネコをご紹介します。

ネコシャーマン

ネコシャーマン

「ネコ番長」と同じく「浮いてる敵の動きを止める」能力を持っていますので合わせて出撃させれば単純に敵を止められる確率が増えます。

「ネコ番長」と違ってコストも低いので量産させやすいのも利点です。

関連記事

まとめ

「ネコ番長」を有効的に使うポイントは以下です。

・射程の短い「浮いてる敵」に対して生産

「ネコ番長」はステータスは悪くないのですが唯一の欠点とも言える射程の短さが相対的にこのキャラを使いにくくしてしまっているのは否めないです。

火力も中途半端なので第三形態に進化させるまで育成は後回しにしてしまっても良いでしょう。

以上です。