【FEH】祝福を無駄なく利用するために効率が良い付け方をご紹介

こんにちは、ryoです。

今回は、ユニットに祝福付与する際になるべく無駄なく効率の良い付け方をご紹介したいと思います。(独断と偏見です。)

祝福を付与すると様々な効果が表れますが、一番に付ける目的としては取得SPの増加でしょう。

しかし、SP目的だけで付けていると闘技場や四天の庭園でのパーティバランスが崩れてしまいやすいので祝福を付与する際は慎重に考慮した方が良いでしょう。(たくさん手に入る機会が少ない上に付け替える前の祝福は消滅してしまうため付け直しはなるべく避けたい)

スポンサーリンク

祝福付与とは

まずはじめに、祝福付与について効果をおさらいしたいと思います。

祝福付与とはガチャや配布で伝承英雄の召喚に成功した時や、特定のマップやミッションをクリアした時に貰えるアイテムでこの祝福をユニットに装備させると以下の効果が得られるようになります。(祝福は属性毎に分かれており、火・水・風・地の4種類)

■祝福効果

・画面左上に表示されている属性に対応した伝承英雄と同属性の祝福を持つユニットを同時に出撃させると祝福を受けているユニットは以下のアイコンに対応したステータス値が上昇。

攻撃タイプ(剣アイコン)・・・HP+3 攻撃+2

速さタイプ(人物アイコン)・・・HP+3 速さ+3

守備タイプ(黄盾アイコン)・・・HP+3 守備+4

魔防タイプ(青盾アイコン)・・・HP+3 魔防+4

「四天の庭園」にて各属性に応じたマップに出撃出来るようになる。

・取得SP2倍。

また、祝福によるステータスアップは鼓舞や応援、紋章系スキル、支援や契りと重複するので上手く組み合わせれば大幅なステータス上昇が期待できます。

付与する際に考慮する事

ここからは数少ない祝福を無駄なく利用できるよう、付与する際に考慮すべき点を挙げていきます。

考慮するべき点は以下の2点です。

1.伝承英雄を軸にして付与する

2.役割が同じ同属性武器ユニットをばらけさせる

それぞれの項目を詳細に説明していきます。

伝承英雄を軸にして付与する

祝福を付ける上で大事な点としてすでに実装されている伝承英雄の相性保管としてユニットに祝福を付与する考え方です。

伝承英雄自体が強力なユニットが多いのと、祝福の効果と一つとして同属性の伝承英雄と共に出撃すれば対応したアイコンのステータスが上昇するため単純に戦闘で有利となります。

また、ステータス上昇に伴って闘技場の査定が上がるため、対応した属性部隊を編成できれば高査定のランクを狙いやすくなります。

そのため階級を限界まで引き上げるつもりならぜひ伝承英雄を採用する事を考えてみましょう。

以下におすすめの伝承英雄をご紹介します。

アイク

地の伝承英雄を選択するならアイクで問題ないでしょう。

攻撃力の高さと「遠距離反撃」武器による殲滅能力、「蒼の天空」での自己回復が出来るので継戦能力が非常に高く、受け&迎撃用として非常に使いやすいユニットです。

ストーリーモードを進めていけば1体無料で手に入るので入手難易度も低いです。

魔法の攻撃も「明鏡の呼吸」「遠距離防御」を導入すればどうにかなる場面も多いですがさすがに青魔の攻撃だけは厳しいのでこれをフォローできるユニットを編成しましょう。

おすすめの味方は攻撃・魔防が高めで、かつ専用スキルで味方の耐久も上げられる花嫁サナキが良いでしょう。

ヘクトル

火の伝承英雄はヘクトルで良いでしょう。

ステータスが速さと魔防以外かなり高く、速さの低さも「天雷アルマーズ」のおかげで追撃されず欠点となる事が少ないです。

伝承アイクと同様、魔法(赤)がきついのと移動が1マスなので柔軟な対応がしづらいです。

そのため、魔法受けを用意するのと「重装のブーツ」や味方の「重装の行軍」で移動の低さをカバーしておきましょう。

おすすめの味方は機動力を活かしてさっさと敵を撃破するラインハルトや同じ重装で「遠距離反撃」が可能なハーディンが良いです。

●伝承ヘクトルの考察記事

こんにちは、ryoです。 今回は6/28から実装された伝承ヘクトルについての運用法やおすすめ継承スキルをご紹介したいと思います。 ...

スポンサーリンク

フィヨルム

水属性の伝承英雄は微妙な性能なユニットが多いですが入手難易度の低さもあって耐久寄りなフィヨルムの方が使いやすいでしょう。(シナリオを進めれば1体無料で配布されます。)

合計値は高いですが悪い意味でバランス型であるのに加え、自前スキルだけだといまいち火力が出づらいので運用する時はスキル継承が必須となります。

受けよりも攻め重視で動かしたい方はリョウマを運用した方が良いでしょう。

シーズン中は対象の属性が2つになりますので水属性は切り捨てて他の属性で運用するのも手です。

速い斧(花婿マルスやライナス等)相手に速攻されやすいので一緒に出撃する味方はゼルギウスや大人チキ、機動力を求めるならマーカスが適任です。

リン

風属性の伝承英雄はリンとスリーズがいますが闘技場の査定を考えるとリンの方が良いでしょう。

魔防↑個体でないと受けがしづらいのでステータスと噛み合っているアタッカーとして運用し、受けは他のユニットに任せましょう。

「速さの指揮」を習得しますので聖印にも指揮系スキルを装備してサポート用にしてしまっても良いでしょう。

水属性と同様、伝承英雄自体が微妙な性能なのでシーズン中に他の属性が対象なら無理に編成しなくても良いです。

おすすめの味方は守備、魔防共に高い数値を誇るハーディンで他の属性を付与していればノノ辺りが妥当でしょう。

役割が同じ同属性武器ユニットをばらけさせる

長くプレイしていると似たような性能を持つ同武器、同属性ユニットを育てる機会があるかと思います。(例:アイラやカアラ等)

その場合は前に育てたユニットとは別の属性の祝福を付与するようにしましょう。(アイラに地属性を付けたのであればカアラは火属性にする等)

役割が被っていると編成の幅が狭くなりやすく、四天の庭園のインファナルマップでかなり苦戦するはめになってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

祝福はSPを稼ぐのにほぼ必須のアイテムですが初心者の段階ではまだ数が少ない貴重なアイテムです。

そのため序盤で手に入った場合はすぐには使わず、伝承英雄が手に入るまで様子を見ておきましょう。

ひとまずは闘技場の1軍メンバーに付与して余ったら育成したいユニットに上手く分散していくように使用すれば効率が良いでしょう。

以上です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする