育てると化ける!?ネコザイルの強さ評価 ただの妨害キャラと見せかけて・・【にゃんこ大戦争】

※2019/3/23に更新

「ネコザイルという激レアキャラが当たったけどこのネコって強いのかな?赤い敵を妨害する特性を持っているみたいだから赤マタタビステージとかで使えそうだけど実際の使い心地はどうなの?」

今回の記事はこういった疑問に答えます。

ガチャを引いていると「激レア」キャラとして当たることがある「ネコザイル」

「赤い敵の動きを止める」特性が特徴的なネコですが果たしてこのネコは育成するに値するネコなのでしょうか。

貴重な経験値を無駄にしたくないからこの「ネコザイル」の性能について把握しておきたいですよね。

そこで今回はこの「ネコザイル」について筆者が使用感を確かめてみましたので、個人的な評価と有効な使い方を詳細にご紹介していきたいと思います。

当記事を最後まで読んでいただければこの「ネコザイル」の性能を理解して、今後の育成方針を計画しやすくなることでしょう。

気になった方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。

スポンサーリンク

ネコザイルの強さ評価

「ネコザイル」の評価を下記に記載します。

ネコザイルの長所

「ネコザイル」の長所について解説します。

妨害役の割に攻撃力が高い

「赤い敵」を妨害するのが「ネコザイル」の主な役割と思われますが攻撃力がかなり高いのでアタッカーとして運用する事も可能です。

レベルがMAXになると攻撃力が1万を超えますので射程の低い敵と戦うのであればダメージソースとして期待する事が出来ます。

妨害役として射程が合格点

射程は220とぱっと見物足りないですがメジャーな「赤い敵」の射程がこれより短いので「赤い敵」を妨害していく事は一応可能です。

「日本編」「未来編」はもちろんの事、「赤マタタビステージ」等でも十分に役割を果たしていく事が出来るでしょう。

ネコザイルの短所

「ネコザイル」の短所について解説します。

ノックバックしやすいので壁には不向き

体力が高めなのであわよくば壁役としても利用していきたい所ですが、ノックバック数が5とかなり多いので壁役には向きません。

ryo
ryo
その前にコスト面がキツいですが・・

その特性上、やはり守るより守られる側の立場になりますので大人しく味方のサポートに徹した方が無難です。

射程が短いので相手できる敵が限られてくる

攻撃力が高めですが、射程が220と短いので対応出来る敵があまり多くはないです。

激レアキャラなのでもう少し射程を伸ばして対応範囲を広げて欲しかった所。

攻撃動作が長い

攻撃頻度が約7秒、攻撃発生の時間に1秒かかりますのでなかなか攻撃してくれません。

妨害キャラとしてこれは致命的で確率が低いこともあって上手く特性を活かしているとは言いづらいです。

激レアキャラなので手にはいるかは運次第

ガチャキャラであればどのネコでも言える事ですが、「ネコザイル」は激レアキャラなので中々手に入りづらい部類になります。

こればかりは運としか言いようがないので欲しければ手に入るまでガチャを回し続けるしかないです。

総評

妨害役として見るならばいてもいなくても大して変わらないネコです。

「赤い敵」への妨害キャラが軒並み優秀なのが多いので「ネコザイル」だとどうしても劣ってしまう面が多いと言えます。

逆に射程に目をつむれば攻撃力が高く、アタッカーとしての適性が高いので使い道はあります。

運用していきたいのであれば第三形態に進化させる事も視野に入れましょう。

レベルを30まで育てれば攻撃力が3万以上「激レア」枠でもトップの攻撃力を手にする事が可能です。(それでいてコストが650円なのでかなり規格外に化けると思います)

ryo
ryo
本能システムの対象キャラなのでさらに幅広い活躍が見込めます。
個人的には「敵を倒した時お金入手量2倍」の特性を得るか、攻撃力をさらに上げてしまうのがオススメ。
 
CHECK

統率力を回復中にこんなゲームはいかがでしょうか?

ロードモバイル

守護騎士、ハンター、森の妖精、忍者、兵士、詐欺師などキミに仕える個性的なヒーローたちは、普通の兵士と比較にならないほど、王国の発展に寄与してくれる。RPGモードの旅に出て、新たなヒーローを迎え、育てて世界にひとつだけのパーティを編成しよう。

初心者からヘビーゲーマーまで全ての人が楽しめる!

ネコザイルの有効な使い方

運用していくにあたって適切と感じる使い方をご紹介します。

壁を作って後ろから敵を妨害!

射程が短いので相手できる敵は限られてきますが「イノシャシ」等の敵には高い効果が期待できます!

「にゃんこ大戦争」のセオリー通り、まずは「タンクネコ」等の壁キャラを前に出して後ろから「赤い敵」の行動を妨害していきましょう。

「ネコザイル」は攻撃の予備動作が長いので複数生産して攻撃の試行回数を稼ぐのが重要です。(妨害系ネコならどれにも当てはまりますが)

主な使用機会

ぶつける敵:射程の短い「赤い敵」(「イノシャシ」「赤井ブン太郎」など。)

使用ステージ:赤マタタビステージや「未来編」第2章の「メキシコ」等。

ネコザイルの入手方法

ほぼ全てのガチャから「激レア」枠として排出されます。

ある意味「超激レア」キャラよりも当たりづらいレアリティですので引きたければ試行回数を重ねていくのみです!

ryo
ryo
「ネコザイル」でなくとも「ネコ魔女」辺りが手ごろに当たりやすいのでそっちで代用するのも十分アリです。

ネコザイルのステータス

参考までに「ネコザイル」の基本ステータスをご紹介します。(Lv30時。限界突破の補正無し)

※にゃんこ大戦争DB様より以下のページを引用

No.033 ネコザイル ネコ裸踊り ネコカンカン

体力 12,750(25,500)
攻撃力 12,750(25,500)
DPS 1,962(3,923)
範囲 単体
KB 5
移動速度 11
射程 220
生産コスト 675
攻撃頻度 6.50秒
生産速度 12.87秒

※括弧内は第二段階時のステータスです。

スポンサーリンク

ネコザイルの設定にゃんコンボ

「ネコザイル」に設定されている「にゃんコンボ」の有用性についてご紹介します。(筆者が実際に試したもののみ)

露出狂

・効果

 ⇒特性 「ふっとばす」 距離上昇 【小】

「ネコ裸踊り」に進化させる必要がありますが2体で発動出来ますので「ふっとばす」味方が編成にいる時は入れておくと便利。

特に「イノシャシ」「イノヴァルカン」など射程が短くても突破力の高い敵には特に高い効果を発揮します。

筆者がまだ試せてないので恐縮ですが「仮面舞踏会」も合わせて発動させればふっとばした時の距離がさらに長くなることも期待できます。

発動可能であればぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。

ryo
ryo
少し編成枠が厳しいかもしれませんが。

ネコザイルと相性の良いネコ

同時に出撃すると効果的なネコをご紹介します。

タンクネコ

THE 壁キャラ。

「ネコザイル」の妨害を成功させるためにもまずは壁キャラで守ってやらないと話になりません。

「タンクネコ」なら基本キャラで誰でも使用でき、コストも安価なので比較的生産しやすいでしょう。

「タンクネコ」だけだと厳しい場合は同じ基本キャラである「ネコ」「バトルネコ」も生産を視野に入れます。(ただし「バトルネコ」はコストがやや高めなので所持金と要相談。)

ネコジャラミ

確率は30%とあまり高くはありませんが、敵をふっとばす効果を備えているので上手くいけば「ネコザイル」の効果も合わせて敵の侵攻をかなり遅くすることが出来ます。

「ネコジャラミ」自身が壁としての役割も多少こなせるのでが悪く効果が発動しなくても十分に使える組み合わせです。

先述した「露出狂」を発動させるとさらにこのネコを活かす事が出来ますので余裕があれば「にゃんコンボ」込みで加えてみるのもありでしょう。

ネコエステ

「ネコザイル」「単体」攻撃するキャラなので取り巻きが複数いた場合に狙いが定めにくいです。

そこでこの「ネコエステ」を使って雑魚を蹴散らし、なるべく狙いの敵に当てる確率を高めましょう!

攻撃力を求める場合は「ネコヴァルキリー」を採用するのがおすすめ。

ryo
ryo
同時運用ももちろんあり。

「ネコエステ」についても過去に評価記事を投稿してますので興味を持った方はどうぞ。

【にゃんこ大戦争】ネコエステの有効な使い方 性能が高く使いやすい

ネコザイルの性能評価まとめ

「赤い敵」を妨害するよりも純粋にアタッカーとして運用した方が強い気がするので使うのであればより攻撃力が強化される第三形態まで育成してしまった方が良いです。

射程が低いのと「単体攻撃」なのがネックで汎用的には使えませんが敵の数が少ないステージではそこそこ活躍が見込めるキャラと言えるでしょう。

以上です。

 

※その他の評価記事はこちらにまとめています。

【にゃんこ大戦争】キャラ評価まとめ 各レアリティ毎に記載してます  
 
CHECK
統率力を回復中にこんなゲームはいかがでしょうか?

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」

世界の半分を貰うために再び魔王に会いに行こう!! 魔王城の最上階に魔王はいるはずだ。話を聞きに行くには登るしかない!

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」
魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」
開発元:Cybergate technology Ltd.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする