【FEH】水着チキ(子供)の運用法とおすすめのスキル継承をご紹介

こんにちは、ryoです。

今回は7/10から新しく実装される新ガチャ「夏、再び」より水着チキ(子供)の性能評価とおすすめの個体値、スキル継承をご紹介したいと思います。

FEHでは初の赤飛行マムクートであり、「真夏のブレス」の効果により環境に蔓延っている邪竜ルフレやミルラを容易に対策出来る可能性を秘めたユニットです。

ステータス配分や個体値次第ではありますが武器の効果で奥義カウントも溜めやすいので、「天空」による単騎無双をする事も十分期待出来るでしょう。

筆者の水着チキは残念ながら魔防↑守備↓という残念個体だったので完全な受け型は諦めてアタッカー寄りのスキル構成にして活躍してもらっています。

速さが物足りないので「獅子奮迅」を導入して追撃しやすくし、「攻撃の紫煙」「近距離防御」も導入して向かってくる近接ユニットを返り討ちしやすくするようにしています。

水着チキの性能評価

最初に水着チキの性能について考察していきます。
競合相手は下記のユニットとします。

実際のステータスはこちら(★5のlv.40の基準値。競合ユニットも参考に記載してます。)

HP攻撃速さ守備魔防合計
水着チキ(子供)4033373226168
大人チキ4035233524157
子供チキ4131303229163

ステータスやスキルの都合上、同じ役割を持ちやすい大人と子供チキそれぞれと比較したいと思います。

まず大人チキですが、壁役として導入しておきたい「金剛の呼吸」を水着チキは武器にその効果が付与されていますのでこの時点で水着チキが1歩リード。

さらに壁役として重要な追撃のされにくさも水着チキの速さが素で37もあるのでされないどころか、逆に追撃してしまう可能性もあります。

遠近両用にする場合は「遠距離反撃」を継承する必要がありますがそこさえクリアしてしまえば「雷のブレス+」を装備した大人チキよりも使い勝手は良いでしょう。

子供チキと比較しても、ステータス面でほぼ水着チキの方が優れていると言えるため、アタッカー型として運用するとしても水着チキで良くなってしまうでしょう。

飛行ユニットであるため、聖印枠は「アイオテの盾」が必須になりますがそれを差し引いても武器の効果が優秀過ぎるのでガチャで引くことが出来れば即主力級の活躍が期待出来るでしょう。

このように、水着チキは通常の子供と大人のチキに必要なステータス、スキルを自前で持っているため、ある意味でチキの完成形と言えるユニットかもしれません。

おすすめ個体値

速さか守備↑個体が優先になるといえます。

守備は純粋に受けとしての役割を強化させるために上げといて損はないでしょう。

ステータスが受けにしては控えめなので迎撃させる場合は推奨です。

速さも素で37もあるので高速アタッカーを受けたい場合は速さ↑個体を採用しておきましょう。

値が40になるので受けだけでなく、アタッカー運用も視野に入ってきます。

習得可能スキル考察

次に、習得可能なスキルを考察します(効果は原文そのまま)。

武器スキル(最終強化のみ記載)

真夏のブレス

攻撃力:16

射程:1

効果:竜特攻 守備+3 敵から攻撃された時、戦闘中、奥義発動カウント変動量+1(同系列効果複数時、最大限適用) 射程2の敵に、敵の守備か魔防の低い方でダメージ計算

高い攻撃力に効果がてんこ盛りの優秀な武器です。

特に「金剛の呼吸」効果が期待できるので「天空」「華炎」等の重めの奥義を使いこなせ、無双をする事が出来る可能性を秘めています。

また、さり気なく竜特攻も付与しており自身が赤属性なのもあって闘技場によく出てくるミルラや邪竜ルフレをいとも簡単に蹴散らせてしまうことも期待出来るでしょう。

奥義スキル(最終強化のみ記載)

月虹

奥義カウント:2

効果:敵の守備、魔防-30%扱いで攻撃

扱いやすい奥義ですが「真夏のブレス」の効果もあってこの奥義に設定しているのは少しもったいない気がします。

守備の値もスキルのおかげで高くなりやすいそこを活かせる「緋炎」や無双出来るようにする「天空」等、少しカウントが重くても強力な奥義を装備しておきたい所です。

補助スキル

水着チキ(子供)は補助スキルを習得しません。

パッシブスキル(最終強化のみ記載)

攻撃守備の絆3(Aスキル)

効果:味方と隣接している時、戦闘中、自身の攻撃、守備+5

水着チキの求められる役割と上昇する能力が噛み合っているので迎撃メインで運用する方はそのまま採用してしまってよいでしょう。

ただ、飛行パでない場合は山などの味方が待機出来ない場所で戦うことになってしまうとこのスキルを活かせなくなってしまうのでその点は注意。

一撃離脱(Bスキル)

効果:自分から攻撃した時、戦闘後、自分を1マス手前へ移動させる

敵が侵入できないマスの上で戦うと攻撃されにくくなるので地形がごちゃごちゃしているマップである場合は採用もありです。(例:大英雄戦リオンマップ)

ただ、このスキルが活きる場面は限られており、B枠は優秀なスキルが揃っているので優先度はあまり高くないでしょう。

竜の技量(Cスキル)

効果:生存時、自軍の武器種、竜は全員、戦闘で入手SP2倍(同系統スキル効果が複数の時は、累積せず最大値適用)

FEHで初の竜属性技量スキルです。

今までこの効果が実装されたユニットがいなかったのでマムクートを育成する際はSP稼ぎが手間でしたがこのユニットのおかげで今後かなり楽にSPが貯められるでしょう。

残念個体だったとしてもこのスキルは効果に影響しないので安易にこのユニットを継承や送還をしないようにしましょう。

おすすめ継承スキル

おすすめの継承スキルをご紹介します(効果は原文そのまま)。

武器スキル(最終強化のみ記載)

「真夏のブレス」が優秀ですので変更する必要はないでしょう。

奥義スキル(最終強化のみ記載)

凶星

奥義カウント:2

おすすめ継承元キャラ:ベルカ(★4) ピエリ(★4) ロンクー(★4)

効果:与えるダメージ1.5倍

自身の攻撃が魔法攻撃なのと、魔防が高めの傾向にある遠距離ユニットも武器の効果でダメージが通りやすいのでこの奥義によるダメージが増えやすいです。

奥義カウントも2と非常に軽く、戦闘が発生すれば確実に発動する事が出来るので素材に余裕がない方はこの奥義を継承しておきましょう。

緋炎

奥義カウント:3

おすすめ継承元キャラ:ルフレ男(★4) チキ大人(★4)

効果:守備の50%をダメージに加算

受け型のユニットであることが予想できるのでこの奥義によるダメージも期待出来るでしょう。

武器の効果でカウントが溜まりやすいので「切り返し」を装備しておけば高確率で発動してくれます。

天空

奥義カウント:5

効果:敵の守備、魔防-50%扱いで攻撃 与えたダメージの50%自分を回復

このユニットで無双性能を高めたい人用のスキル。

奥義カウントが5とかなり重いですが「真夏のブレス」のおかげで何とかこの奥義を使いこなす事が出来ます。

さらに安定して発動させたいのであれば「遠距離反撃」切り返しも同時に継承しておくと良いでしょう。

補助スキル

引き戻し

おすすめ継承元キャラ:バーツ(★3)ルーナ(★3)

効果:対象を自分の反対側の位置に移動させる

特に継承させたい補助スキルがなければ無難にこのスキルを導入しておきましょう。

壁役になりやすいので安全に使っていけます。

スポンサーリンク

パッシブスキル(最終強化のみ記載)

遠距離反撃(Aスキル)

おすすめ継承元キャラ:ヘクトル(★5)

効果:敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する

個人的に一番継承させたいAスキル。

継承元がレアなため、中々難しいですが導入出来れば「天空」を使いながら単騎で無双をする事も不可能ではないでしょう。

鬼神の構え(Aスキル)

おすすめ継承元キャラ:ドルカス(★5) カンナ女(★5)

効果:敵から攻撃された時、戦闘中攻撃+6

「遠距離反撃」には敵いませんが迎撃性能を上げたい場合は導入すると良いでしょう。

元々の与ダメが高くなりやすいので敵を返り討ちに出来る可能性がかなり高くなります。

遠距離防御3(Aスキル)

おすすめ継承元キャラ:セリカ(★5) ミカヤ(★5) シャラ(★5)

効果:弓、暗器、魔法、杖の敵から攻撃された時、戦闘中、守備、魔防+6

守備は高くなりやすいですが、魔防は控えめなので物理と魔法を両方受けたい場合は導入を考えると良いでしょう。

魔防↓個体のはこのスキルでも耐えられない可能性が高くなるのでその場合は他のスキルを検討しましょう。

鬼神の一撃(Aスキル)

おすすめ継承元キャラ:クレイン(★4)

効果:自分から攻撃した時、戦闘中+6

速さ↑個体でアタッカーとして運用するのであれば導入する事をおすすめ。

火力が微妙に足りないのでこのスキルで倒せる敵の範囲を増やしましょう。

攻め立て(Bスキル)

おすすめ継承元キャラ:シャニ―(★4)

効果:自分のHPが75%以下で、自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行う

速さの値が高いのでアタッカーとして運用するのであれば導入を検討してみましょう。

個体値補正がかかれば速さが40となるのでほとんどの敵に効果を発動可能です。

切り返し3(Bスキル)

おすすめ継承元キャラ:ツバキ(★5)

効果:自分のHPが70%以上で、敵から攻撃された時、絶対追撃

個体値にもよりますが補正がかかっていない場合は追撃に不安を残しますので殲滅力を高めたいのであればほぼ必須のスキルとなります。

編隊飛行3(Bスキル)

おすすめ継承元キャラ:エリンシア(★5) 弓ヒノカ(★5)

効果:周囲2マス以内の味方飛行の隣接マスに移動可能

飛行パで運用する場合は味方のピンチに駆けつけやすくなります。

「引き戻し」と併用すれば味方を敵の攻撃範囲から逃がしつつ自身で敵を迎撃しやすくなるでしょう。

曲技飛行3(Bスキル)

おすすめ継承元キャラ:飛行ニノ(★5)

効果:周囲2マス以内の味方の飛行、重装、騎馬の隣接マスに移動可能

「編隊飛行」と違い、混合パで運用する場合はこちらを。

用途は似たような感じで味方を敵の攻撃範囲から逃がす形で使うことが多くなるでしょう。

竜刃の鼓舞(Cスキル)

おすすめ継承元キャラ:ミルラ(★5)

効果:ターン開始時、周囲1マスの味方竜の攻撃、速さ+6(1ターン)

無課金でプレイしている場合は継承が難しいですが、マムクートパで運用する場合は導入を検討してみましょう。

編成次第によっては「竜盾の鼓舞」も十分ありです。

飛刃の紋章(Cスキル)

おすすめ継承元キャラ:パオラ(★4)

周囲2マスの味方飛行は、戦闘中、攻撃、速さ+4

飛行パで運用する場合は採用を考えると良いでしょう。

鼓舞系スキルでもよいですが継承元が手軽ではなく、飛行系なら安全に発動しやすいこのスキルでも十分使いやすいです。

空からの先導3(Cスキル)

おすすめ継承元キャラ:ターナ(★5)

効果:周囲2マス以内の味方歩行、重装は、自身の隣接マスに移動可能

汎用性を求めるならこのスキルが使いやすいでしょう。

障害物があっても味方が移動できるため、場合によってはショートカットをすることも出来ます。

特に重装ユニットはこのスキルの恩恵を受けやすいのでセットで運用する場合は導入して損はないでしょう。

攻撃の紫煙3(Cスキル)

おすすめ継承元キャラ:スズカゼ(★4)

効果:戦闘後、敵の周囲2マスの敵の攻撃-7(敵の次回行動終了時まで)

迎撃性能を高めたい場合に。

「天空」「遠距離反撃」などをセットで採用出来れば無双する事も不可能ではないです。

そうでなくても敵の攻撃を大幅に下げるので後続の味方が攻めやすくなるので一気に勝負をつけやすくなるでしょう。

おすすめ聖印

おすすめの聖印をご紹介します。(効果は原文そのまま)

アイオテの盾

効果:特攻無効

受けとしての役割を期待する場合はこのスキルがおすすめ。

A枠でも導入出来ますが現状、ミシェイルからしか継承出来ない上に配布個体であるため数が限られています。(もう継承してしまって在庫がない方もいるのではないでしょうか。)

さらにA枠は強力な「遠距離反撃」やステータスを大幅に上げるスキルが用意されているのでそれを差し置いてまでこのスキルを付ける余裕はないでしょう。

遠距離防御3

効果:弓、暗器、魔法、杖の敵から攻撃された時、戦闘中、守備、魔防+6

マップに弓兵がおらず、「アイオテの盾」が無駄になりそうな場合は導入を検討してみましょう。

A枠にも導入出来れば魔法受けとしても性能が期待できるようになります。

運用法まとめ

いかがでしたでしょうか。

水着チキは今回のガチャで一番の当たり枠と言っても過言ではないのでぜひ当てておきたいユニットの1体です。

特に環境に君臨しているミルラを倒せる可能性があるのはかなり大きいのでガチャで引けた方は闘技場向けに早速育成を開始していきましょう。

以上です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする