【覚えれば簡単にクリア可】戦闘で勝てるおすすめの編成と魔女をご紹介【魔女兵器】

「魔女兵器のゲームって4人の魔女を選んで戦闘を行うけどキャラの編成をどうすればいいのか迷うな。基本的にはどんな感じで編成を組んでいくと勝率が高くなるんだろう。誰か分かりやすく教えて!」

今回の記事はこういった疑問に答えます。

「魔女兵器」のステージを攻略していくうえで重要な要素である「魔女」達4人の編成。

最初の内は戦力的に余裕がないことが多いので適当に組んでしまいがちですがゲームが進んだ後は編成について考えておかないと行き詰まる可能性が高いです。

強力なSSRキャラを徹底的に育成しないとなかなかごり押しがしにくいこの「魔女兵器」のゲームですが力押しで進めない場合はどのような編成でステージ攻略に臨んでいけば良いのでしょうか。

ステージクリアに失敗しても行動力は1消費するだけで済みますがあまり余計な時間を取られたくないですよね。

そこで今回は筆者が「魔女兵器」におけるおすすめの編成の仕方と編成に加える際のおすすめの「魔女」をご紹介していきたいと思います。

当記事を読んでもらえれば「魔女」達の編成に迷うことなく組んでいく事が出来、無駄な時間や資源の消費を抑えられる事にも繋がります。

「魔女」の編成をどうやって組んでいこうか迷っている方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。

スポンサーリンク

基本となる編成

「魔女兵器」を攻略するにあたって編成する際は以下の3種類に当てはまればだいぶ勝率が安定します。

・アタッカー2体+支援+回復

・アタッカー3体+回復

・全員アタッカー

上記3つの編成パターンを以下から順に掘り下げていきます。

アタッカー2体+支援+回復

一番オーソドックスな形の編成。

初見で挑戦するステージや厄介なスキルを持つ敵がいる場合はこの編成がベストでしょう。

アタッカーはステージによって物理か魔法を絞れれば良いですが、戦力が揃っていない場合は一番育っている「魔女」を連れていけば良いです。

支援役は主に敵を妨害したり味方が有利になる能力を持つ「魔女」が候補に上がります。

個人的には敵を妨害するキャラを連れていく方が選びやすいかと思いますので「ベアトリーチェ」「ヴィラ」等を選んでいくと良いでしょう。

回復は文字通り「レン」の体力を回復するキャラです。

「魔女兵器」は全体的に「レン」体力を回復する手段が乏しいゲームなのでほぼ必須の存在となります。

「レン」の体力を回復してくれる「魔女」はいくらかいますがほとんど癖があって使い辛いので純粋な回復能力を持つ「ラファエル」がこのポジションにほぼ居座る事になるでしょう。

アタッカー3体+回復

慣れたステージや厄介なスキルを持つキャラがいない場合の構成。

こういった場合は時短していきたいので雑魚戦で「召喚ケージ」を溜めて「魔女」が出てきた時に「召喚スキル」で一気にケリをつけていきます。

サポートキャラはいなくても何とかなる事が多いですが戦闘力に差があまりない場合は受けるダメージが多いので掃討条件を満たす目的でも回復役はいた方が無難です。

全員アタッカー

そのステージで出てくる敵の戦闘力を明らかに上回っている時に。

回復キャラがいなくても大したダメージは受けませんので全員アタッカーとして採用し、最速でのクリアを目指していきます。

「刻印融炉」や期間限定のイベント(「深潜症」「ハインリッヒの試練」など)でオート戦闘が選択できない時に編成すると良いでしょう。(戦力差で勝つので相手のレベルは調整しましょう)

筆者がオススメする編成に加えるキャラ

前項で編成を組む時の基本的な編成パターンについて解説しました。

基本は分かったけどそうなると編成時に加えるキャラは具体的に誰がいいのかという疑問が浮かんでくるかと思います。

そこで筆者の主観ではありますが編成に加えておくと便利なおすすめのキャラを下記からご紹介していきたいと思います。

ryo
ryo
あくまで筆者の主観なので「あのキャラがいないのはおかしくない?」と思うこともあるかと思いますがその点についてはご了承ください。
ちなみにここに載せるのは筆者が使った事のある「魔女」のみです。

霧夕(影御幣)

「少女の冒険」をクリアしていくと無料で貰える「魔女」

「少女の冒険」をクリアしていくコツは下記に記していますのでまだ手に入れていない方は参考にどうぞ。

配布キャラでありながら「影御幣」の性能がずば抜けて高く、魔法攻撃という事もあって育成していけば大半の敵をなぎ倒していってくれます。

武器である影御幣を覚醒させると「刻印スキル」が必ず発動するようになり安定したダメージソースとなってくれますので勝率を上げたいのであればほぼ必須の存在です。

どの編成に入れてもまず活躍させてくれますので手に入れたらこの「魔女」を優先的に育てる事をオススメします。

ラファエル(瑠璃舞姫)

「召喚スキル」の内容が純粋な回復スキルなのでヒーラーとして優秀な「魔女」です。

武器の性能は正直イマイチですが先述の通りこのゲームはまともな回復手段が少ないのでほぼ自動的にこの「魔女」がスタメン入りしていく事でしょう。

「ラファエル」の武器は現段階で2種類の武器があり、「召喚スキル」がメインなので正直どちらでもいいですが強いて言うならSR武器の「瑠璃舞姫」を採用した方が回復の役割に特化できるかと思います。

元の火力が乏しいキャラなので雑魚敵で味方の「召喚ケージ」を増やす意味でも武器のレベルは上げない事をオススメ。

ryo
ryo
筆者は「少女の冒険」のミッションを満たすために武器レベルを20まで上げましたが完全に失敗でしたね。
これなら「イルカ」の武器レベルを上げた方がまだよかった・・

スポンサーリンク

ベアトリーチェ(天国の薔薇)

「召喚スキル」が強力で武器も全て配布されますので使用機会に恵まれたキャラと言えます。

SSR武器は「霧夕」と同様に「少女の冒険」をクリアする事で入手出来ますので始めたばかりの方はクリアを急ぎましょう。

このキャラ「天国の扉」「召喚スキル」を使って敵を「沈黙」状態にさせる事が出来る唯一のキャラです。(敵の攻撃スキルを発動出来なくします)

「月読」「執行人」などの厄介なスキルを持つ敵も楽に倒す事が出来ますのでこういった敵が出てくるステージでは必ず出撃に加えておきましょう。

妨害がメインとなるキャラですが「召喚スキル」の火力もなかなか強いので魔法防御が弱い敵にぶち当てていくだけでも強力です。

武器はどちらも優秀ですがSSRである「天国の薔薇」の方が汎用性はやや高めの印象を持ちます。

ヴィラ(撲殺エンジェル)

チュートリアルを進めていくと自動的に貰える配布キャラ。

「霧夕」の火力には及びませんがこちらは物理ダメージがなかなか高いので主戦力が揃っていない序盤では優秀なダメージソースとして活躍してくれるでしょう。

さらに「ヴィラ」の武器である「撲殺エンジェル」「刻印スキル」が発動している間、敵防御の210%を固定ダメージとして追加しますので耐久力が高い敵(「グランレット」「セイントモリス」など)にはかなり有利に戦え、3~4発くらい攻撃してしまえばボスでもすぐ倒してしまうことがザラです。

「召喚スキル」も範囲攻撃で敵をスタンさせるものとなっていますので使う場面を見極められればかなり優秀なスキルとなります。

アタッカーとしても、妨害キャラとしても使用する事が出来る幅の広いキャラですので様々な場面で活躍してくれる事でしょう。

アニー(超合金HomeRun)

「魔女兵器」を始めて最初に貰えるキャラ。

キャラや武器の性能は正直言って微妙と言わざるを得ないですが、「召喚スキル」がなかなか優秀なので無課金でプレイしていく人は優先的に育てても損をしないキャラだと思います。

「召喚スキル」が直接攻撃に分類されませんのでダメージを反射する「バラの少女」が出てくるステージで採用していくと上手く刺さります。

出来れば「召喚スキル」は全て「バラの少女」に当てていきたいので「超合金HomeRun」で間接的にダメージを与えつつ敵を掃除していくと多少効率が良いかと。

「爆弾ニャー」に対しても「召喚スキル」のおかげでなかなか有利に立ち回る事が出来ますのでこれらの敵に有効打を持つキャラが他にいない場合は育成してみましょう。

ハインリッヒ(ラピスラズリ)

ガチャを引いていると当たる事があるSRとSSR武器を持つ「魔女」

「召喚スキル」がなかなか強力で単体の敵にかなりのダメージを与えていく事が出来ます。

ryo
ryo
最期の攻撃は近くにいる敵にもダメージ判定があります。そこまで計算して出す余裕はあまりありませんが。

いち早くボス敵を片付けていきたい場合は便利な「魔女」となりますので厄介なスキルを持つ敵にぶつけていくと良いでしょう。

バイジュウ(氷結稜鏡)

イベントガチャで手に入るSSRキャラ。

武器の性能、「召喚スキル」ともに優秀で育成していけば確実にエースになれる性能を持った「魔女」です。

欠点としては通常攻撃、「召喚スキル」ともに周りの敵にもダメージを与えていきますので体力減少でトリガーする敵とは相性が悪いです。(「月読」など)

SSRキャラなので手に入れる機会が少なく、「星レベル」も上げにくいのでその点も辛いですがその点を考慮してもかなり強いキャラですので手に入ったら是非とも優先的に育成していきましょう。

魔女兵器のおすすめ編成まとめ

「魔女兵器」における基本的な編成とそれに対応するおすすめの「魔女」達をご紹介してきました。

紹介した編成で臨んでいけばかなり勝ちやすくなるかと思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。

また上記で紹介した以外にも様々な魔女がおり、出てくる敵に合わせて編成を考えていくのが楽しいゲームでもあるので、他の「魔女」も使ってみて自分だけの編成を考えてみるのも良いでしょう。

以上です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする